勁牌のご紹介

勁牌有限公司は1953年に成立され、中国湖北省大冶市に位置し、六十余年の安定発展を経た健康食品専門企業です。「中国勁酒」を主力製品として、現在は総面積350畝(約34710m2)ある保健酒工業園、930畝(約92231m2)の原酒園と、1000畝(約99173m2)の健康産業園を有し、健康酒の年間総合生産量は18000万リットルに達します。安全、良質、環境にやさしく、健康的な製品として社会に貢献しており、主力製品は中国勁牌、毛舗苦蕎酒、韻酒、長寿酒等があり、現在は中国健康酒業界のトップメーカーです。2015年、勁牌売上高は84.99億人民元を突破し、納めた税金は23.34億人民元を超えます。また、125ml中国勁酒の年間販売数量は8億瓶を超えます。

勁牌有限公司の国際業務は2000年から始まり、十数年の発展を経て、中国勁酒は既に香港、澳門、東南アジア、韓国、ヨーロッパ、北米、アフリカ等多くの国と地域で販売され、消費者に大変受け入れられています。

発展歴史

本場原料の精選

1992年から開始、勁牌有限公司は逐次に全国各生薬本場生産地域に原料直接供給又は栽培基地を作りました。14個の原料直接供給基地、総面積9000畝(約892562 m2)の標準栽培を有しています。使用する原材料は厳しく選別され、「該当場所に栽培されていなく、適時に採集されない」生薬は決して使用せず、勁牌製品の全ての所用原料はクリーンで、安全と生粋を保証します。

生薬の抽出

勁牌有限公司は、漢方薬の熱抽出、分離、濃縮、純化等一連の漢方薬提出技術の研究プラットフォームを構築し、動態複数階段逆流提出、膜分離濃縮、クロマトグラフィー純化等漢方薬関連提出純化生産設備を有しています。勁牌はデジタル化提出技術を利用して、植物本草エキスを抽出します。近赤外線オンライン検知、応用過程分析技術を採用して、製品の品質を監督管理しております。

科学技術で醸造

勁牌有限公司は、五年間を経て累計で10億人民元を投資し、醸造技術の機械化に成功、自動化、情報化と知能化を実現して、中国何千年来の伝統工場式醸造方式は変わっても、お酒の風味と香り高さは不変です。

技術研究開発

勁牌会社研究開発センターは分析実験室と国際水準を有する計器装置を完備。2008年5月、勁牌検知センターは国家実験室の認可を取得。